だいまる。の副業的な生活

どこにでもいそうな30代サラリーマンが脱社畜を目指して副業に挑戦してみるブログです。日々考えていることや副業の成果などを書いていきます。気まぐれなので時期によって考え方等に矛盾が出るかもしれませんが、寛容に受け止めてあげてください。

iPad miniの絶妙なサイズ感はもうAppleに忘れられてしまったのか。。。

どうも。だいまる。です。

9月12日にAppleより製品発表イベントがあると発表されました!

今回発表予定の製品は新型iPhone、FaceID搭載のiPad、初のデザイン変更になるApple Watchなど色々ありますが。。。

iPad miniの後継機は発表されない雰囲気ですね。。。

f:id:daimaru-side:20180727001513j:plain

新型iPad〜FaceID × 狭ベゼルデザイン〜

2018年の新型iPadはiPhoneXよろしくFaceID × 狭ベゼルのデザインが採用されるとの噂です。(多分iPad Pro)

そしてもちろん伝統のホームボタンが廃止され、指紋認証のTouchIDも同時に廃止されるみたいです。

本体のサイズアップなしにディスプレイサイズが大きくなるのは非常にありがたいですね。

私自身、iPhoneXをはじめて手にした時、本体サイズのわりに画面が大きくていいなーと思ったのを覚えています笑

忘れ去られた理想のサイズ iPad mini

日本以外ではあまり人気がなかったのか、iPhoneの「Plus」シリーズとの住み分けができなかったのか2015年に現行のiPad mini4から刷新されていない「Appleに忘れられた存在」と化しています。。。

しかし、私はiPad miniの7.9インチという絶妙なサイズ感を非常に気に入っています。

「片手で持って使えるサイズと重さ」というのが最高です。

mini以外の他のiPadは結構重さがズッシリくるので片手でそれなりの時間持っていると地味に疲れます。

iPad miniのサイズと重さは大きすぎず小さすぎず、かつ重すぎず「ちょうどいい」のです。

筐体サイズと重さが変わらず、狭ベゼル化した新型iPad miniが発売されたらきっとバカ売れするんだろうなー。。。

終わりに

というわけで、残念ながらApple製品のラインアップから外れつつあるiPad miniのサイズ感が好きというお話でした笑

まあ今期は新Apple Watchに期待しているので、予算的に新iPadはきついかなーと思っています笑

それではまた。

だいまる。