だいまる。の副業的な生活

どこにでもいそうな30代サラリーマンが脱社畜を目指して副業に挑戦してみるブログです。日々考えていることや副業の成果などを書いていきます。気まぐれなので時期によって考え方等に矛盾が出るかもしれませんが、寛容に受け止めてあげてください。

貯蓄や投資をするなら知っておくべき知識〜デフレ〜

どうも。だいまる。です。

インフレとデフレって知っているようで、実は曖昧にしか知らない単語の筆頭なんじゃないかなと思います。

大人の教養として仕事とかそういった枠組みを超えて知っておくべき知識の一つかと。
そういう考え方もできるのではないでしょうか。

f:id:daimaru-side:20180818151714j:plain

デフレとは?

シンプルに言ってしまうとデフレとは「物価が下がること」ということになります。

とはいえ、もちろんバーゲンや閉店セールなどでモノが安く買えるという意味ではありません。

モノの需要が減る→モノが安くなる→儲からない→さらに需要が減る

と言った循環をデフレスパイラルとも呼びますが、こうしたスパイラルに陥るとモノの価格が下がるだけではなく、経済全体が弱ってしまいます。
(お金の流れが停滞してしまうからです。)

デフレのメリット

デフレと言っても全てが悪いわけではありません。

経済成長全体の観点で見ればそんなに歓迎されないのは先の通りですが、短期的に見ればいくつかメリットがあります。

  • モノが安く買える
  • 預金や貯金の価値が上がる

要するに、すでに持っているお金で買えるモノが増えるのです。

なんだかんだ言って、モノが安く買えるのは嬉しいですよね笑

デフレのデメリット

とはいえ、デフレはやはりデメリットの方が大きいようなのは間違いなさそうです。

  • 給料が下がる
  • 経済が成長しない(不景気)
  • 土地などの資産の価値が下がる

と言った感じです。

一般ピーポーの私には「給料が下がる」というのがダイレクトに響きそうですね。。。

終わりに

インフレもデフレも経済全体で見るとデメリットが大きいとされています。

とはいえ、経済成長には安定的に低いレベルでのインフレがあるといいっぽいです。

モノの値段が少しずつ少しずつアップしていくと経済成長に貢献できるというわけです。

そんなに極端なインフレやデフレはなかなか発生するものではありませんが、知識として見に付けておくのは良いかと思います。

地道に勉強をしていきたいですね。

それではまた。

だいまる。