だいまる。の副業的な生活

どこにでもいそうな30代サラリーマンが脱社畜を目指して副業に挑戦してみるブログです。日々考えていることや副業の成果などを書いていきます。気まぐれなので時期によって考え方等に矛盾が出るかもしれませんが、寛容に受け止めてあげてください。

小さな新しいことにチャレンジすることで不安を解消するということ

どうも。だいまる。です。

人生どんなことをしていてもストレスというものは存在していて、ほとんどの場合それが供給過多になっていると感じます。

ストレスフルな社会です。

そうした社会で生きるにはそれ相応のスキルが必要になるのですが、私の場合、そんなに人に誇れるような能力は持ち合わせていません笑

f:id:daimaru-side:20180808230953j:plain

何をやっても大抵最初はうまくできない

私もそれなりの年齢なので、いくつか「新しいことにチャレンジする」というのは経験があります。

少年野球とかでも、もちろん最初は素人なので大抵の人はうまくできません笑

ごく一部の「才能に恵まれた人」は本当に素晴らしいですが、そんな人はそうそういません。

最初からうまくいったとしても、それはビギナーズラックというもので、その高いパフォーマンスを継続することは難しいでしょう。

というわけで、最初はうまくできないってわかっているんだから、恐れるものは何もないわけです。

小さな新しい事にチャレンジする

私の場合は、漠然として将来に対する不安です。

特に、収入面。

社内でもそこそこ続けている方だとは思うのですが、いかんせんスキルが伴っていないような気がする。

そういう不安があって、副業やってみようかと手を出し始めたのですが、やっぱり巷のサクセスストーリーのように華やかにはできません笑

それでも、ストックフォトやブログ、投資を初めてみてよかったと思います。

理由はいくつかありますが、視野が拡がります。

今まで知らなかったことを積極的に「知ろうとする姿勢」が自然にできるようになったというのが大きい気がします。

特にブログや投資

「知らないことっていっぱいあるんだな。。。」とか、情報はたくさん存在しているのにGoogle先生に聞く時のキーワードが偏っているなとか。

ぼーっとしていると情報の海に沈んでしまうようなモノに手を伸ばすことができるようになってきたことは素直に「いいな」って思います。

そうしたことで、将来への不安も少しは和らいでいると感じています。

終わりに

こんなに稼いだ!副業やってよかった!という話ではないのですが、少なからず副業の副作用というか、そういったものだけでも自分にプラスになっていると思っています。

もちろんやるからには儲かれば嬉しいですが、それだけではないのも事実。

ちょっと、仕事に疲れた人でも小さなかことから初めて見ることをおすすめしたいです。

それではまた。

だいまる。