だいまる。の副業的な生活

どこにでもいそうな30代サラリーマンが脱社畜を目指して副業に挑戦してみるブログです。日々考えていることや副業の成果などを書いていきます。気まぐれなので時期によって考え方等に矛盾が出るかもしれませんが、寛容に受け止めてあげてください。

Apple Payに登録したモバイルSuicaでデビットカードは使えるのか?

どうも。だいまる。です

モバイルSuicaをApplePayで使うようになって、しばらく通勤定期圏内でだけ生活していました。

なので知らなかったのです。

ApplePayではデビットカードが登録できないと言うことを。。。

f:id:daimaru-side:20180724233621j:plain

デビットカードとは?クレジットカードとは違うの?

デビットカードとは銀行口座から直接お金を引き落としすることで、買い物ができるカードのことです。

クレジットカードとの違いは、お買い物をした時点で即座にその金額が引き落としになるかどうかと言う点が大きな違いでしょう。

クレジットカードの場合、銀行口座にお金がなくとも、その与信枠と呼ばれるカード使用の上限額までは買い物に利用することができます。

しかし、デビットカードの場合は銀行口座に入金済みの金額が買い物の上限額となります。

要するに、デビットカードの場合は「持っている分だけ」お金を使うことができるのです。

クレジットカードの場合は(もしも)お金が買い物のタイミングで全額用意できていなくとも買い物はできます。

クレジットカードでのお買い物の場合は、一旦利用分は「お金を借りている状態」となり、毎月決まった日にその金額が徴収されるシステムなのです。

ApplePayではデビットカードは登録できない?

デビットカードはApplePayに登録して利用することはできません。(2018年7月現在)

一応、ApplePayでは「クレジットカード」を登録して利用することができることになっているみたいですね。
(auWalletのようなプリペイド式のカードは一部対応しているみたいですが)

まあ、きっとそのうち対応してくれるでしょう笑

お買い物はデビットカードを利用する

iOSのWalletアプリでSuicaにチャージしようとすると、「ApplePayに登録しているカードから支払ってね」と言う感じの流れになってしまいました。。

定期券の更新に対する料金も同様です。

「あれ?デビットカード使えなくね??」と言う問題が発覚したわけです。。

私は普段、ほとんどのお買い物をデビットカードで済ませています。

クレジットよりも、「今自分の手元にあるお金ってどれくらい?」と言うのがわかりやすいのです

キャッシュレスと言うほどでもありませんが、一度試しに使ってみてから基本「デビットカードで支払いできるところはデビットカードで支払う」スタイルに落ち着きました笑

どの辺りがよかったかと言うのは別の記事で書かせてもらうとして、なんとかデビットカードで支払いできないものかと方法を調べてみたところ

普通にありました笑

モバイルSuicaでデビットカードを登録する

調べてみたところ、モバイルSuicaのアプリがApplePayで利用するWalletアプリとは別に存在しているようでした。

そして、モバイルSuicaの方でデビットカードをSuicaと紐づけることで「ApplePayで登録したSuicaのチャージ、定期券の購入」が可能になると言うわけです。

これならApplePayにデビットカードを登録できなくても、間接的にやりたいことが実現できます。

終わりに

なにも考えずにApplePayにデビットカードを登録しようとして、リジェクトされた時はどうしようかと思いました笑

「クレジットカードじゃないといかんの?」と。
(別に困りはしないけれど)

ともあれ、ちゃんとデビットカードを使う方法はあったのでよかったです。

詳しい登録方法については別の記事でご紹介させてもらうとして、一応ちゃんと使えましたと言うことだけ報告させていただきます。

それではまた。

だいまる。