だいまる。の副業的な生活

どこにでもいそうな30代サラリーマンが脱社畜を目指して副業に挑戦してみるブログです。日々考えていることや副業の成果などを書いていきます。気まぐれなので時期によって考え方等に矛盾が出るかもしれませんが、寛容に受け止めてあげてください。

為替相場の予想さえしないトレードがあってもいいじゃないか

どうも。だいまる。です。
本日も当ブログにお越しいただきまして
ありがとうございます。

f:id:daimaru-side:20180120002247j:plain

思っていたよりもちょっと円高から復活しませんねー
なんとなく大きめに動いたときってすぐ戻る気がしてしまうのでFXは向いていないのかもしれません笑

なんせ全く根拠がないのに上がる気がしたり下がる気がしたりしているのですから。。。

為替相場の動きを予想する時の根拠

FXというのは非常に乱暴に言ってしまうと、これから対象の通過がどんな価値関係になるか予想するというものです。

まあ、ドル円でいうと、「円高ドル安」になるか「円安ドル高」になるか当てよう!というのものになります。

そして、これを予測するテクニックが色々と存在しているわけですね。

テクニカル分析だったり、ファンダメンタル分析だったり色々な分析方法もあったりします。

私の場合は「何も考えない」ということをしています笑

なんというか「下手の考え休むに似たり」ってことですかね?

正直、色々な分析をしたりしても結局当てるのは5割前後になるだろうと思っているからです。

顔をつきあわせて戦う対戦ゲームじゃないんですから、他の超たくさんの人たちの売買の流れを予測するのってかなり大変だと思うのです。

考えるだけ無駄と割り切って、直感でポジションをとって利益が出るタイミングまで待って、そして利確します。

もちろん逆指値で注文(自動セルフ損切りみたいなもの)しているので、一発で致命傷になることはありません。

そんなに莫大な利益を求めなければ、かなり高い勝率で勝てるはずなのです。

だって勝てるタイミングでしか勝負してないんだもの。

どうせわからないのですから

現在は自動売買プログラムやAIでの自動売買も普及してきているみたいです。

高度な、しかもきっちり分析までやってくるプログラムや歴戦のFXトレーダーがたくさんいる中に私のような初心者が飛び込んでまともに勝てるわけがありません。

しかし、勝てるタイミングは必ずあります。

為替相場は上がったり下がったりと言った波を繰り返しているからです。

次に上がるのか下がるのかはわかりません。

そんなに当たるわけでもないので、もう考えるのをやめました。

いつかは上がりますし、いつかは下がります。

気長になってみるとなかなか退場になるような痛い取引にはならないと思っているわけですよ。

終わりに

とはいえ、いきなりわけのわからない暴落が起こったりするものです。

私はまだ経験がないのですが、日頃からそう考え、身構えて取引すべきでしょう。
バブル崩壊やブラックマンデー、リーマンショックに近いことがいつ起こるかもわかりませんl。

私のような小物トレーダーは本当に少しの利益をコツコツと積み重ねていくのが最善手であると。

今のところはそう考えています。