だいまる。の副業的な生活

どこにでもいそうな30代サラリーマンが脱社畜を目指して副業に挑戦してみるブログです。日々考えていることや副業の成果などを書いていきます。気まぐれなので時期によって考え方等に矛盾が出るかもしれませんが、寛容に受け止めてあげてください。

円高のタイミングで外国株や投資信託を買ってみるのは戦略としてアリなのか?

どうも。だいまる。です。
本日も当ブログにお越しいただきまして
ありがとうございます。

f:id:daimaru-side:20180116231251j:plain

年初より円高ドル安傾向にあるみたいですが、円高になると結局アメリカのモノが相対的に安く手に入るって理解でいいと思います。

外国のものって。。。

株式や投資信託なんてどうでしょうか?

円高ドル安の時に買えば良い?

円高ドル安ということは、「円の価値がたかくなり、ドルの価値が安くなる」ということです。
(もちろん"相対的に"ですが)

とにかく、円高ドル安の時に、私のような一般ピーポーが受ける恩恵の一つはアメリカのモノが安く手に入るってことになります。

安い時に買って、高い時に売る

そうです、商売の基本です。

投資信託や株もこういう感じで売買できればいいんじゃないか?

と、ふと思ったわけです。

そんなにあまくない投資

円高の時に買えば?というのは発想としては間違ってなさそうですが、これは実際短期スパンでしか投資を考えていないことになります。

今の円高ドル安ってまあちょいちょい起こるレベルで、驚いたり身構えたりするようなものではありません。」
当然、暴落なんて単語は出てきません。

ただ、ちょっと得する可能性が高くなるという程度でしょう。

しかし!

投資というものは少なからずギャンブル的な要素も含まれているので、少しでも可能性が上がるならチャンスとみてもいいと思います。

というわけで、FXで為替の動きを把握しつつ、投資信託で米国株中心のファンドなんかを狙って買ってみるもの面白いのかもしれないと思ったわけです。

まあ、株式自体が高騰していたりすると全く意味がないので、本当に一つの検討要素としておく程度が いいのかもしれませんが笑

。。。ちょっとだけ投資信託をスポット買い(積立でなく任意のタイミングで購入する)をしてみました。

終わりに

小さくともチャンスはチャンス。
ということで、円高のタイミングでスポット買いしてみました笑。

まあ、長期的に考えると全く意味のないレベルの違いかもしれませんが、ものは試しです笑。
(好奇心に負けたとは言わない)

投資も楽しんで取り組んで行きたいので、やってみた。という話でした。

それではまた。

だいまる。