だいまる。の副業的な生活

どこにでもいそうな30代サラリーマンが脱社畜を目指して副業に挑戦してみるブログです。日々考えていることや副業の成果などを書いていきます。気まぐれなので時期によって考え方等に矛盾が出るかもしれませんが、寛容に受け止めてあげてください。

ストックフォトと副業の形態

どうも。だいまる。です。

当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。

今回もストックフォトと副業の形態について書いてみたいと思います。

「私はこう考えている」ということを書いていきますので

もしかしたら事実や現実と齟齬があるかもしれません

その辺はご了承いただければと思います。

ストックフォトを初めてみて

ストックフォトを初めてみてかれこれ1ヶ月を過ぎました。

生まれてくる子どもの写真をとりたい!って動機で一眼レフを買うに至ったのですが

ストックフォトの存在そのものをカメラを買ってから知りました笑

ストックフォト活動をするのに必要な機材が

たまたま手元に揃っていたわけです。

(ネット環境、PC、しかもたまたまAdobe PhotoShopまで!)

PhotoShopはなくてもまったく困りませんが。

これだ!と思って初めてみたはいいものの

現在全く売れていません。

それはもう悲しいくらいに一枚も。

しかし、ストックフォトはこれからも継続して取り組んでいきたい副業活動の筆頭に位置しています。

なぜでしょうか?

ストック型とフロー型

しかし、ストックフォトのいいところは

FXなんかと違ってストック型の副業だということです。

ビジネス(私の場合は副業)において

売れる仕組みやインフラ部分を構築して継続的に収益があがる形式のものを

いわゆる「ストック型」ビジネスと呼ぶみたいです。

それに対して労働に対して単発の報酬があがるものを「フロー型」と呼ぶようです。

何がポイントなのかというと

要するにフロー型の副業って継続して上がる効果がストック型に比べて小さいのです。

なんせ単発の報酬ですから。

作業になれるとか熟練度が上がって作業スピードが上がるとかそんな感じですかね?

ストック型の場合は少し違います。

仕組み作りの部分をしっかり作ってしまえば

同じ労働量でもだんだんと得られる報酬が増えることが期待できるのです。

仕組みがしっかりしていればあとは少しの作業で収益をあげられるイメージです。

ストックフォト活動のスタートライン

ストックフォトは明らかにストック型のビジネスモデルになります。

(「ストック」フォトですからね。多分そういう意味なんだと思います笑)

なので最初は売れなくてもいいのです。

たくさん写真をアップしてまず写真を利用する方の目に止まるようにする。

ストックフォトにおいて構築すべき「仕組み」のなかでも一つは買い手の目に止まるのが最初の最初

そこがスタートラインだと考えています。

もちろん

写真の腕を磨くため撮影技術の本やサイトの情報を取り入れていきます。

写真検索時のキーワード・タグの設定の研究もしていきます。

そういったことの積み重ねでだんだんと効果が出ると考えているので。

今はまだ

スタートラインに立ったところって感じです。

もう一つ

一眼レフカメラ

キヤノン EOS 6D MarkII EF24-105 IS STM レンズキット

を買って思ったのは

写真撮るの楽しい!!

綺麗な写真が取れると嬉しい!!

でした。

副業とか関係なく

楽しんでできるものを見つけられたのが

よかったなって思います。

1枚も売れなくても全然ネガティブになりません笑

終わりに

私はまだストック型として利用できていませんが

実はポイントサイトもストック型になりうる性質をもっています。

以前ご紹介した記事 こちら とは違う方法でポイントを貯められます。

そのへんのお話はまた後日ということで。。。

それではまた。

だいまる。